アバナ

アバナ

アバナは、3大ED治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリスに次いで新たに誕生したED治療薬「ステンドラ」のジェネリック医薬品です。
最も新しい第4世代のED治療薬です。

ステンドラもアバナも、日本では未発売の医薬品であるため、日本国内にいながら購入するには、医薬品の個人輸入サイトを利用します。

ED治療薬として、最初に誕生したバイアグラは、「食事の影響を受けやすい」というデメリットがありましたが、アバナはこれをカバーするよう誕生したED治療薬です。
アバナの効果発現時間は早く、早い人であれば15分で勃起が起こるという報告もあります。

また、アバナは副作用も従来のED治療薬よりも軽くなるよう開発されています。

アバナはジェネリック医薬品であるため、安価に購入できるのも特徴です。

アバナの有効成分

アバナの有効成分は、「アバナフィル」です。

アバナの有効成分アバナフィルも、他のED治療薬同様、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害することで、陰茎の血流を良くし、勃起を促してくれます。

この有効成分アバナフィルがどのくらい含まれているかによって、50mg、100mg、200mgと呼び名が変わります。
初めて服用する場合や、身体の小さい人は、50mgの服用からにしましょう。

アバナの服用方法

アバナの服用方法の基本は、性行為の30分~1時間前に空腹状態で服用するものとされています。

また、アバナは食事の影響を受けにくいとされていますが、全く影響を受けないわけではありません。
脂っこい食事を摂ってしまうと、効果発現の時間が遅れてしまうため、食事をする場合は、できるだけあっさりとした食事をとるよう心がけましょう。

アバナの持続時間は5時間程度で、服用は1日1回、次の服用までは24時間以上開ける必要があるなどは他のED治療薬と同じです。

アバナの副作用

アバナの副作用として報告されているものとして、頭痛や鼻づまり、ほてりなどがあり、他のED治療薬と似た副作用です。
効果作用時間内に治まる副作用であれば過剰に心配することはありませんが、気になる症状があった場合は医師の診断を受けましょう。

硝煙剤や一酸化窒素供与剤などには併用禁忌があるのでこうした薬を飲まれている方は注意が必要です。

このほかにも疾患や、持病があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。

未成年のアバナ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

アバナフィル成分ED治療薬

アバナは新しいED治療薬ですが、既に海外ではアバナフィル成分のED治療薬が販売されています。
当サイトでもアバナフィル成分のED治療薬を紹介します。


このページの先頭へ