タダシップ

タダシップ

タダシップは、有名ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。

タダシップは、有効成分をタダラフィルとし、ED症状改善効果が36時間と、とても長いのが特徴の医薬品です。

タダシップは、シアリスのジェネリック医薬品であるため、安価に購入できるのが特徴です。
正規シアリスが1錠2000円程度であるのに対し、タダシップは1錠1000円程度と、半額ほどが相場になっています。

シアリスの効果を試してみたい方や、一度シアリスを使ってみて継続利用したいが価格あ気になる、という人におすすめなのが、このタダシップです。

タダシップの有効成分

タダシップの有効成分は、「タダラフィル」です。

タダシップの有効成分タダラフィルは、PDE5阻害薬と呼ばれる多くのED治療薬同様、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素(PDE5)」のはたらきを阻害することで、陰茎の血流を良くし、勃起を促してくれます。

服用後の効果発現までの時間が長い場合があるものの、一度薬剤が身体に吸収されれば、食事の影響を受けず、ED症状の改善効果が36時間程度持続します。

また、タダシップの有効成分タダラフィルは、レビトラやバイアグラほど副作用が出にくく、勃起への作用の仕方もマイルドであるため、自然なED治療を行うことができます。

タダシップを服用したからと言って、性的興奮がない限りは勃起をしないため、日常生活に支障をきたすこともありません。

タダシップの服用方法

タダシップの服用方法の基本は、性行為の3~4時間前に空腹状態で服用するものとされています。
タダシップの有効成分タダラフィルの効果発現時間は、体質や体調によって30分~3時間とかなり差があるためです。性行為の直前に服用してしまうと、効果発現が遅く間に合わなかった、ということにもなりかねないため、服用には余裕を持ちましょう。

タダシップは食事の影響を受けにくいとされていますが、全く影響がないというわけではありません。
他のED治療薬と同様、タダシップも空腹時に服用したほうが吸収が早く、効果発現までの時間も短いとされているため、空腹時の服用をおすすめしています。
食事をする場合には、食事量を抑え、脂っこい食事は避けるようにしましょう。

タダシップを一度服用し、薬剤の成分が身体に吸収されてしまえば、食事の影響はありません。

タダシップの副作用

タダシップの副作用は、比較的少ないとされていますが、偏頭痛、めまい、鼻づまり、鼻水、結膜充血、まぶたや目の痛み等、少なからず報告があります。
効果作用時間内に治まる副作用であれば過剰に心配することはありませんが、気になる症状があった場合は医師の診断を受けましょう。

タダシップも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。

未成年のタダシップ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

このページの先頭へ