タダポックス

シアリス

タダポックスは、3大ED治療薬のひとつ「シアリス」のジェネリック医薬品です。

タダポックスは、有効成分をタダラフィルと、ダポキセチンとしています。
タダラフィルがED症状を改善し、ダポキセチンが早漏症状を改善します。

ED患者の1/3の人が、同時に早漏症状にも悩んでいるというデータがあるほど、このふたつの症状は併発されがちです。
そんな男性のデリケートな悩みを同時に解消してくれるのが、このタダポックスなのです。

もちろんタダポックスは、シアリスのジェネリック医薬品であるため、安価に購入できるのも特徴です。
正規シアリスが1錠あたり2000円程度であるのに対しタダポックスは1錠500円程度で販売されています。早漏防止効果もあって安価なため、大変人気があります。

タダポックスの有効成分

タダポックスの有効成分は、「タダラフィル」と、「ダポキセチン」です。

タダラフィルは、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害し、陰茎の血流を良くすることで勃起を促してくれます。
そのED症状改善効果は、約36時間継続します。

一方ダポキセチンは、脳の異常な興奮を抑えることにより、射精時間を約3倍に伸ばし、早漏症状を改善します。
タダポックスの早漏症改善効果は強力で、早漏症でない人はタダポックスを服用すると射精できなくなってしまうほどです。

タダポックス1錠につき、タダラフィル20mg、ダポキセチン60mgが含まれています。
この量は、身体の大きな欧米人向けの配合であるため、初めて服用する場合や、身体の小さい人は、ピルカッターなどで1/2~1/4程度に割錠して服用することをおすすめします。

安全な服用のため、1日の服用は1回までとしてください。

タダポックスの服用方法

タダポックスの服用方法の基本は、性行為の3~4時間前に空腹状態で服用するものとされています。

タダポックスの有効成分タダラフィルの効果発現時間は、体質や体調によって30分~3時間とかなり差があるので注意しましょう。

タダポックスは食事の影響の影響を受けにくいとされていますが、胃の中に食べ物が入っていると効果発現までの時間が長くなってしまいます。食事と、服用のタイミングに気を付けてください。
タダポックスを服用し、薬剤が身体に吸収されれば、食事の影響は受けません。

タダポックスの副作用

タダポックスの副作用は比較的少ないとされています。
これは、タダポックスの有効成分タダラフィルの効き方が他のED治療薬と比べてマイルドであるためです。

しかしながら、偏頭痛、めまい、鼻づまり、鼻水、結膜充血、まぶたや目の痛み等が少なからず報告されています。
効果作用時間内に治まる副作用であれば過剰に心配することはありませんが、気になる症状があった場合は、必ず医師の診断を受けましょう。

タダポックスも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。

未成年のタダポックス服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

このページの先頭へ