レビトラ

レビトラ

レビトラは、バイアグラの次に誕生した有名ED治療薬です。
3大ED治療薬のひとつと言われ、人気の高いED治療薬です。

レビトラの日本での発売については、バイアグラ発売開始の翌々年2001年に申請が行われ、2004年に製造販売が認可されました。
そしてその後の2004年6月に5mgと10mgの発売が開始され、その3年後の2007年7月に20mgが発売されました。

レビトラの特徴は、その即効性にあります。

3大ED治療薬のバイアグラが30分~1時間、シアリスが1~3時間程度と言われている中、レビトラの効果発現は15~30分程度です。
レビトラの効果発現の速さは、「ベッドに入っても間に合う」と言われるほどです。

レビトラの有効成分

レビトラの有効成分は、「バルデナフィル」です。

このバルデナフィルが、人間の「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害することで、陰茎の血流を良くし、勃起をサポートします。

また、このバルデナフィルは、非常に水に溶けやすい性質があります。
この「水に溶けやすい」性質が、レビトラの「即効性」を生み出します。

そして、レビトラは食事の影響を受けにくいという特徴もあります。全く影響を受けない、というわけではありませんが、腹7分目程度の食事であれば、問題なく効果を発揮してくれます。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法の基本は、性行為前1時間に空腹状態で服用する、というものです。
即効性はあるものの、効果発現時間は体調・体質によってまちまちであるため、1時間前に服用しておくと安心です。

レビトラを服用する際の食事には制限があり、具体的に言えば700kcal程度で、脂質20mg程度以下の食事であれば影響を受けない、とされています。この制限内であっても、空腹時に服用したほうが効果を得やすいとされています。
レビトラは、できるだけ空腹時に服用することをおすすめします。

レビトラの副作用

レビトラの副作用として、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などが報告されています。
これらの副作用は、レビトラ服用者の約8割にあらわれるもののため、効果発現の合図、程度であまり心配する必要はありません。
頭痛がひどいようであれば、頭痛薬などと併用してもかまいません。

また、レビトラ服用時、血圧が2~3程度下がります。血圧の高い方や、低血圧の方はレビトラ服用後血圧が下がり過ぎて危険な場合もあるため、レビトラを服用してはいけません。

その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等も報告されています。
しかしこれらすべての副作用は、作用している4~6時間のあいだに治まれば問題ありません。

レビトラも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。

心配な副作用がある場合は医師の診断を受けてください。

レビトラジェネリック

当サイトでは、レビトラのジェネリック医薬品も紹介しています。
レビトラを試してみたい方や、レビトラを継続利用したいが値段が気になる、という人に安価なレビトラジェネリックはおすすめです。


このページの先頭へ