スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

スーパージェビトラは、ED治療薬レビトラと、早漏治療薬ポゼットのジェネリック医薬品です。

併発されがちなED症状と早漏症の二つをいっぺんに改善できる、ハイブリッドなジェネリック医薬品が、このスーパージェビトラです。

レビトラのジェネリック医薬品であるため、ED改善の即効性に優れる上、その強力な早漏症改善効果は、「早漏でない人が服用すると射精できなくなる」と言われるほど強力です。

スーパージェビトラは、他のED治療薬に比べ錠剤のサイズも小さく、「ベッドに入っても間に合う」と言われるほどの即効性で、使いやすいと評判のお薬です。

もちろんスーパージェビトラはジェネリック医薬品であるため、正規レビトラの半額程度と、安価に購入できるのも特徴です。

スーパージェビトラの有効成分

スーパージェビトラの有効成分は、「バルデナフィル」と「ダポキセチン」です。

有効成分バルデナフィルがED症状を改善し、ダポキセチンが脳の異常な興奮を抑えることによって射精までの時間を約3倍程度に伸ばしてくれます。

スーパージェビトラ1錠あたりに、バルデナフィル20mg、ダポキセチン60mgが配合されていますが、これは身体の多くな欧米人向けの配合となっています。
成分の過剰な服用は、単純に効果があがるというわけではなく、副作用が強く出すぎてしまうなどのデメリットもあります。そのため、スーパージェビトラを初めて服用する場合や、身体の小さい人は1/4~半分程度に、ピルカッターなどで割錠して服用することをおすすめします。
割錠することによって、コストパフォーマンスも上がります。

スーパージェビトラ服用後、効果持続時間は6~8時間程度とされています。

スーパージェビトラの服用方法

スーパージェビトラは、性行為の3~4時間前に空腹状態で服用してください。

スーパージェビトラは、食事の影響を受けにくいと言われていますが、全く受けないわけではなく、食事量によっては効果発現までの時間が遅れてしまうこともあります。完全な効果を得るためには、空腹状態での服用をおすすめしています。

スーパージェビトラは、ED症状のみならず、早漏症の改善効果もあります。
この早漏症改善効果はとても強力であるため、早漏でない人が服用すると射精できなくなることがあるため、注意してください。

スーパージェビトラの副作用

スーパージェビトラの副作用として報告されているのは、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などです。
スーパージェビトラの服用者のほとんどにこういった副作用があらわれるため、あまり気にしすぎることはありませんが、どうしても気になる症状がある場合は、医師の診断を受けてください。

また、スーパージェビトラを服用すると血圧が2~3下がります。
血圧が高く降圧剤を服用している人や、低血圧の人は、独断での服用をせず、必ず医師に相談してください。

他にも硝酸剤など、併用禁忌薬があります。
普段から服用している薬などがある場合は、きちんと確認をしましょう。

このページの先頭へ