バリフ

バリフ

バリフは、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。

3大ED治療薬の中でも「即効性のレビトラ」と呼ばれるほどの即効性があるレビトラのジェネリックであるため、バリフの特徴もその即効性にあります。

レビトラジェネリックもたくさんの種類がありますが、中でもバリフは人気の商品です。

バリフの人気の秘密は、その価格にあります。
ジェネリック医薬品であるため、安価なのですが、バリフは特に安く、購入しやすいのが特徴です。
正規レビトラが1錠2000円程度であるのに対し、バリフは1錠あたり500円程度となっています。

バリフの有効成分

バリフの有効成分は、「バルデナフィル」です。

バリフも多くのED治療薬同様、有効成分バルデナフィルが陰茎の血流を良くすることで、勃起をサポートしてくれます。

また、このバルデナフィルは、非常に水に溶けやすい性質があります。
この「水に溶けやすい」性質が、バリフの「即効性」を生み出します。

そして、バリフには食事の影響を受けにくいという特徴もあります。全く影響を受けない、というわけではありませんが、腹7分目程度の食事であれば、問題なく効果を発揮してくれます。

バリフの服用方法

バリフの服用方法は、性行為前1時間に空腹状態で服用する、というものです。
即効性はあるものの、効果発現時間は体調・体質によってまちまちであるため、1時間前に服用しておくと安心です。

バリフを服用する際の食事制限は、腹7分目程度であれば問題なく作用します。
しかしあまり脂っこいものや、過食は、効果発現までの時間をのばしてしまったり、満足な効果を得られない原因となりますので気を付けてください。

また、バリフの服用は1日1回までとし、再度服用する場合は、24時間以上あけてからにしてください。

バリフの副作用

バリフの副作用として、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などが報告されています。
これらの副作用は、バリフ服用者の約8割にあらわれるものであるため、効果発現の合図程度にとり、あまり心配する必要はありませんが、あまりにも気になる場合は、市販の頭痛薬や、鼻炎薬などと併用してもかまいません。
どうしても気になる副作用や、効果発現時間の6~8時間を過ぎても治まらない場合には、医師に相談してください。

また、バリフには、服用時の血圧を2~3程度下げる副作用もあります。血圧が高く普段から血圧を下げる薬を服用している方や、低血圧の方はバリフ服用後、血圧が下がり過ぎて危険な場合もあるため、バリフの服用をしないでください。

その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等も報告されています。

バリフは医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合は、かかりつけの医師に相談をしてください。

このページの先頭へ