バイアグラ

バイアグラ

バイアグラは、世界で一番最初に製品化されたED治療薬です。
1998年1月にアメリカで発売されるやいなや世界中の男性たちから「夢の薬」と呼ばれ、世界中へ広まりました。

日本国内でもバイアグラは、異例の速さで国内認可を受け、1999年1月に国内販売が開始されました。

バイアグラ(Viagra)という変わった名前は、【VITAL(生き生きとした)】と【NIAGARA(ナイアガラの滝)】の二つの単語を合わせて出来た名前で、「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のように溢れ出るほど満たされる」といった意味が込められています。

レビトラやシアリスなど、使い勝手の良いED治療薬がさまざまに開発され、販売されている今でも、その先駆け的存在として、バイアグラは絶対的な人気と知名度を誇っています。

バイアグラの有効成分

バイアグラの有効成分は、「シルデナフィル」です。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害することで、陰茎の血流を良くし、勃起を促してくれます。

このクエン酸シルデナフィルが、薬剤1錠あたりにどの程度含まれているかによって、25mg、50mg、100mgと呼び方が変わります。 ちなみに日本国内で認可されているものは25mgと、50mgのみです。
これは、欧米人と比べ身体の小さな日本人には50mgで十分な効果を発揮できると考えられているためです。
100mgを日本にいながら購入する方法は、個人輸入サイトを利用するほかありません。

バイアグラの効果時間は、一般的に4~6時間程度とされていますが、個人差はあります。
また、バイアグラは精力剤や媚薬のようなものとは違い、性的刺激を受けない限り効果を発揮することはありません。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルのはたらきは、あくまで血流を改善し、勃起を促進させてくれる、というものなのです。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法の基本は、性行為前1時間に空腹状態で服用する、というものです。
早ければ服用後30分程度で効果が発現します。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、大変食事の影響を受けやすく、食事をする場合は注意が必要です。
胃の中に食べ物があると、バイアグラの成分が吸収され辛くなってしまうため、食中食後のバイアグラ服用は控えてください。

やむを得ず食事をする場合は、食後なら2時間以上時間をおいてからバイアグラを服用してください。また、食前に服用する場合は、食後30~40分程度時間をおいて、バイアグラの成分をしっかり吸収させれば、問題なく食事をして頂くことができます。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用として、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などが報告されています。
これらの副作用は、バイアグラ服用者の約8割にあらわれるもののため、効果発現の合図程度に思っていただき、あまり心配する必要はありません。
頭痛がひどいようであれば、頭痛薬などと併用してもかまいません。

また、バイアグラ服用時は、血圧が2~3程度下がります。血圧が高くて血圧を下げる薬を普段から服用されている方や、低血圧の方はバイアグラ服用後血圧が下がり過ぎて危険な場合もあるため、バイアグラを服用してはいけません。

その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等も報告されています。
しかしこれらすべての副作用は、作用している4~6時間のあいだに治まれば問題ありません。

バイアグラも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと確認をしましょう。

心配な副作用がある場合は医師の診断を受けてください。

未成年のバイアグラ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

バイアグラジェネリック

当サイトでは、バイアグラのジェネリック医薬品も紹介しています。
バイアグラを試してみたい方や、バイアグラを継続利用したいが値段が気になる、という人に安価なバイアグラジェネリックはおすすめです。


このページの先頭へ