カマグラ

カマグラ

カマグラは、世界で一番最初に製品化されたED治療バイアグラのジェネリック医薬品です。

ED治療薬の先駆け的存在として人気のバイアグラには、多数のジェネリック医薬品がありますが、中でもこのアジャンタファーマがつくるカマグラシリーズは特に人気があります。

カマグラは、バイアグラ同様強力なED治療効果を持ちながら、バイアグラジェネリックであるため、正規バイアグラの半部程度の値段で購入できるのが特徴です。

カマグラの有効成分

カマグラの有効成分は、「シルデナフィル」です。

カマグラの有効成分シルデナフィルは、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素」のはたらきを阻害することで、陰茎の血流を良くし、勃起を促してくれます。

カマグラには、50mgと100mgという規格があります。
この規格は、カマグラの有効成分シルデナフィルが、1錠あたりにどの程度含まれているかで変わってきます。
日本国内で処方されているのは最大で50mgですので、初めてカマグラを服用する場合は50mg錠1/2~1錠か、100mgを半分~1/4程度に割錠して服用することをおすすめします。

カマグラはもともと値段が正規バイアグラの半分程度ですが、割錠して服用することにより、さらにコストパフォーマンスがあがります。

カマグラの服用方法

カマグラの服用方法は、性行為前1時間に空腹状態で服用する、というのが基本です。
効果発現時間は、体調・体質によって前後しますが、早ければ服用後30分程度で効果が発現します。

カマグラの有効成分シルデナフィルは、大変食事の影響を受けやすく、カマグラ服用前後で食事をする場合は注意が必要です。
胃の中に食べ物があると、カマグラの成分が吸収され辛くなってしまうため、食中食後のカマグラ服用は控えてください。
効果発現まで時間がかかったり、充分な効果が得られない場合があります。

やむを得ず食事をする場合は、食後なら2時間以上時間をおいてからカマグラを服用してください。また、食前に服用する場合は、食後30~40分程度時間をおいて、カマグラの成分をしっかり吸収させれば、問題なく食事ができます。

カマグラの副作用

カマグラの副作用として、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などがあります。
これらの副作用は、カマグラ服用者の約8割にあらわれるもののためあまり心配する必要はありませんが、効果時間内に症状がおさまらない場合や、気になる症状があった場合には医師の診断を受けましょう。
頭痛がひどいようであれば、頭痛薬などと併用しても大丈夫です。

また、カマグラの有効成分シルデナフィルには、血圧を2~3程度下げる副作用があります。血圧が高くて血圧を下げる薬を普段から服用されている方や、低血圧の方は、カマグラ服用後に血圧が下がり過ぎて危険な場合もあるため、カマグラを服用してはいけません。

その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等も報告されています。

カマグラも医薬品であるため、併用禁忌薬があります。
疾患があり、服用している薬などがある場合はきちんと医師に確認をとりましょう。

心配な副作用がある場合は医師の診断を受けてください。

未成年のカマグラ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

このページの先頭へ