スーパーカマグラ

スーパーカマグラ

スーパーカマグラは、世界で一番最初に製品化されたED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラは1998年1月にアメリカで発売されるやいなや世界中の男性たちから「夢の薬」と呼ばれ、世界中へ広まり、様々にあるED治療薬の中でも先駆け的存在として、絶対的な人気があります。

数あるバイアグラジェネリックの中でも特に人気が高いのが、アジャンタファーマ社が発売するカマグラシリーズです。

スーパーカマグラは、ED治療薬バイアグラのジェネリックでありながら、早漏防止成分ダポキセチンも配合しているため、ED症状と、早漏症のどちらにも効果を発揮します。

スーパーカマグラの有効成分

スーパーカマグラの有効成分は、「シルデナフィル」と、ダポキセチンです。

シルデナフィルは、陰茎の血流を良くすることで勃起を促しED症状を改善。ダポキセチンは脳の異常な興奮を抑えることで、射精までの時間を2~3倍に伸ばしてくれます。

スーパーカマグラ1錠あたり、シルデナフィル100mg、ダポキセチン60mgが含まれています。
ED治療薬としてのシルデナフィル成分の国内処方は、最大で50mgであるため、スーパーカマグラ1錠を丸々服用してしまうと、効果が強すぎるだけでなく、副作用が強く出すぎる場合や、射精ができなくなってしまう場合もあります。服用量に注意しましょう。

スーパーカマグラの服用方法

スーパーカマグラの服用方法の基本は、性行為前1時間に空腹状態で服用する、というものです。
早ければ服用後30分程度で効果が発現します。

スーパーカマグラの有効成分シルデナフィルは、大変食事の影響を受けやすく、食事をする場合は注意が必要です。
胃の中に食べ物があると、スーパーカマグラの成分が吸収され辛くなってしまうため、食中食後のスーパーカマグラ服用は控えてください。

やむを得ず食事をする場合は、食後なら2時間以上時間をおいてからバイアグラを服用してください。また、食前に服用する場合は、食後30~40分程度時間をおいて、バイアグラの成分をしっかり吸収させれば、問題なく食事をして頂くことができます。

また、服用にあたっては、1錠では副作用が強く出すぎてしまったり、射精できなくなってしまう場合があるので、ピルカッターなどで1/2~1/4程度に割錠し、服用することをおすすめします。

スーパーカマグラの副作用

スーパーカマグラの副作用として、めまい、鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などが報告されていますが、これらの副作用は、スーパーカマグラ服用者の約8割にあらわれるもののため、効果発現の合図程度に思っていただき、あまり心配する必要はありません。
頭痛がひどいようであれば、頭痛薬などと併用してもかまいません。

また、スーパーカマグラ服用時は、血圧が2~3程度下がります。血圧が高くて血圧を下げる薬を普段から服用されている方や、低血圧の方はスーパーカマグラ服用後血圧が下がり過ぎて危険な場合もあるため、スーパーカマグラを服用してはいけません。

その他の副作用として光に過敏になり色が変化して見えたり、胸やけ、背部痛等も報告されています。
しかしこれらすべての副作用は、作用している4~6時間のあいだに治まれば問題ありません。

心配な副作用がある場合は医師の診断を受けてください。

未成年のスーパーカマグラ服用についても、安全の保障ができていないため服用は禁止とされています。

このページの先頭へ